yamanfx_en

「レバレッジが高いのは危険」「初心者はなるべく低レバレッジに」というのは少々誤解があります。

レバレッジ倍率は取引に最低必要な証拠金額が決まるということです。

例えば、1万通貨を、売り・買いすればレバレッジが1倍でも、
25倍でも1円動けば1万円の損益となりどちらも同じです。

ですから、レバレッジが500倍でも1000倍でも1万通貨の取引で1円動けば
損益は1万円です。

ただ、同じ1万通貨でも仮にレバレッジ1倍で100万円必要だとすれば、
25倍で4万円、500倍だと2千円の証拠金が必要となるということです。

ですから、レバレッジの大きさ=リスクの大きさではありません

2011/8月のレバレッジ規制により日本国内ではレバレッジは25倍までとなりました。
これは多額の証拠金が必要になるということで同じ資金でも持てるポジション量が変わります。

投資家保護という名目で導入された規制ですがこれは最悪の事態、
つまり、強制ロスカットされたとき残る資金の額(証拠金)が多くなるということです。
だから、再起しやすいのでは…という考えかた。

レバレッジの大きさ云々よりも、もっとも大事なことは強制ロスカットされないこと!
そうならないためのポジションと資金管理が重要だということは言うまでもありません。

1万通貨の売り・買いで1円動いたとき


・損益は
レバレッジ 1倍⇒1万円の損益
レバレッジ 25倍⇒1万円の損益
レバレッジ500倍⇒1万円の損益


・必要証拠金
レバレッジ 1倍⇒100万円
レバレッジ 25倍⇒ 4万円
レバレッジ500倍⇒ 2千円


・強制ロスカットにあった場合
レバレッジ 1倍⇒100万円のこる
レバレッジ 25倍⇒ 4万円のこる
レバレッジ500倍⇒ 2千円のこる





スポンサード・リンク