私がFXの存在を知ったのはジャパンネット銀行のダイレクトメールがきっかけでした。
オークションの取引で便利だからとジャパンネット銀行口座を開設しました。
そのことが私の人生を一変させます。

そこではじめてFXの意味を知りました。その後ネットで基本的な情報を収集しましたが
あまりにいろんな情報がありすぎて困惑し、すぐには手をつけませんでした。

そして数ヶ月たち、本屋でビジネス誌を立ち読みしているとFXの特集記事が…
お小遣い稼ぎのつもりではじめてみようかと、デモトレードを開始。
ちゃんと意味も理解せぬまま数字とチャートが動いているのを見て???
何がなんだかわかりません。

これではいけないと、またネットで情報収集しだしましたが、
すぐに情報商材系のリンク誘導にあいよくわかりません。

そこで私はFXの本を片っ端から読み始めました。新品、古本、図書館とを駆使して
はじめてのFXのような入門書からパンローリングの専門書までその意味が
わかり始めると勉強するのがどんどん楽しくなってきました。


初心者の方は
各FX会社のHPにHOW TO系のページがあるのでそちらは参考になります。
しかし、書物で手元に置きながらの方が私は良かったので、
初心者の方には本を読んで基本を学ぶことををお勧めします。

推薦図書

スポンサード・リンク