Yaman FX blog

FX専業トレーダーのブログ 

ホーム

先週はFOMC議事録公表でドル高に対する警戒感が示され、米国の早期利上げ観測が後退。 国内では、安倍首相、甘利経済再生担当相が円安による悪影響への警戒感を示し。 急速に進んだドル全面高は一服し過熱調整が入った。 また株価も大幅に下げたりと気懸りである。 今週は

先週はドルが全面高! 9月米雇用統計が予想を上回り大きく反応。 株式相場が大幅高、米国債利回りが上昇、そしてドル買い。 主要通貨に対するドルインデックスは、約4年ぶりの高水準だそうです。 大きくトレンドが動き出すと何年ぶりにとか何年以来とかが頻繁に聞かれます

先週もドル全面高の流れが継続。 各主要通貨に対してドルは全面高。もう少し調整が入るかと見ていましたが、 米10年債利回りが上昇し、ドル円は109円台をキープ。 ユーロドルはFRBとECBの金融政策の違いを背景にユーロ安が継続 1.27ドル台を一気に割り込みました。 今週

先週はドル全面高の流れが継続。 注目だったFOMCでは「相当期間」の文言は残るも 金融政策正常化の方針と計画を公表したことや 要人発言によりドル買いが加速。 玉虫色の決着で株高、ドル高に。 またスコットランドの独立投票は、独立が回避され ポンドはやや持ち直した

先週はドルが全面高。米10年債利回りは2.6%台に大幅上昇。 ドル円は107円台に乗せました。ユーロドルはやや足踏み、 FOMCやスコットランドの住民投票を控えて利益確定の調整が 入ったためと思われる。 資源国通貨は軒並み続落、土曜日に発表された中国経済指標も弱く 中

スポンサード・リンク

↑このページのトップヘ