Yaman FX blog

FX専業トレーダーのブログ 

ホーム

先週は、ドル全面高。 米4-6月期国内総生産(GDP)が前期比年率+4.0%と、 市場予想を大きく上回ったことをきっかけに、ドル円は一時103円台を示現。 ユーロドルは昨年11月以来の1.34ドル割れまで続落した。 しかし、1日発表の7月米雇用統計が市場予想を下回ったことで、

先週は、ユーロが対ドルで一時8か月ぶりの安値をつけた。 ドル円は少し上昇するも、200MAに抑えられるような形で もみあいが継続。 今週は、地政学リスクに左右される展開は同様だが なんといってもFOMC、米GDP、米雇用統計と いきなりビッグイベントが続くことだ! 焦点

先週は、ユーロドルは1.3491ドル~1.3640ドル ドル円は101.09円~101.79円 注目されたイエレンさんの議会証言がややタカ派だったことを受け 久々にドルが買われた。しかし、ドル円はウクライナや中東情勢の 地政学的なリスク回避を受けて円買い圧力が強まった。 今週は、

先週は、ユーロドルは1.3576ドル~1.3651ドル ドル円は101.07円~102.20円 強い米雇用統計もFRBの緩和的政策が継続で 株価は堅調も過熱警戒観が全くないわけでもなく、 米金利は低いまま為替相場の膠着状態が継続しました。 一時、ポルトガル発の欧州金融危機再燃への警戒

先週は、ユーロドルは1.3586ドル~1.3700ドル ドル円は101.24円-102.27円 米雇用統計が予想以上に強い内容で ドルが買われましたが、米独立記念日前の発表だったので 本日からじわりじわりとドル高が進むかも・・・と期待しています。 今週はドル円は米雇用情勢の改善を背

スポンサード・リンク

↑このページのトップヘ