Yaman FX blog

FX専業トレーダーのブログ 

ホーム

 12月に入り米雇用統計をはじめ、強い米経済指標を受けて 来週開催されるFOMCでテーパリングの早期開始観測が再浮上するなどしました。 当初、テーパリングが開始されれば、株安、ドル高という見解でした。 しかし、市場では株高、ドル安、円安、ユーロ高に! いろいろ

6日発表の11月米雇用統計・非農業部門雇用者数は20万3000人の増加、 失業率は7.3%から7.0%へ改善した。 この強い米雇用指標を受けて早期のテーパリング観測がまたもや再浮上! 緩和縮小への懸念でNY株式相場は大崩になり、円高になるのかなあと思いきや NY株式相場は予

10/25ユーロドルは1.382ドルの今年最高値を更新した。 それから、約2週間後の11/7ECB理事会で利下げ発表を受け、1.329ドルまで下げたものの 現在は1.36辺りでもみ合い、まだまだ上値を伸ばしそうな勢いである。 29日のヘッドラインニュースでS&Pはオランダの格付けを「AAA

ユーロ圏経済はようやくリセッションから脱すると報道されユーロはアゲアゲ 10月25日に今年の高値を更新1.38316をつけた。 これらの要因は新興国などへ向かっていた投資資金の引き上げや 基軸通貨である米ドルが米国の政治混乱を経て、 アジア系の中央銀行が外貨準備資金
『ECBの内部混乱?! どっちやねんユーロドル??』の画像

今週14日は昨年、野田前首相が衆議員解散を表明し 劇的な円安進行の幕開けとなった、所謂アベノミクス相場 が始まって1周年となりました。 昨年の今頃、ドル円は79.90円をつけていました。 今週の終値は100.18円 日経平均株価は8664.73円、昨日の終値は15165.92円 まさ

スポンサード・リンク

↑このページのトップヘ