10/12日の高値・安値
ドル円は高値112.50円前後-安値111.88円前後。
ユーロドルは高値1.1610ドル前後-安値1.1534ドル前後。

サマリー
ドル円は7日ぶりに小反発、ユーロドルは3営業日ぶりに反落。

先週末は市場替わりの値動きと週末要因でドル円は小反発も上値は重く
ほぼ前日同様のコマ足形成。

ユーロドルはポンドドルの下落につれた売りが出たほか、
エッティンガー欧州委員のユーロ高けん制発言などが重しとなり一時1.1535ドル
と日通し安値を付けた。
ただ、前日の安値1.1520ドルが目先サポートとして意識されると下げ渋った。

本日のポイント
本日は五十日の東京タイムは株価が持ち直しドル円も多少は反発しそうだが
ムニューシン米財務長官の日米貿易協定に「為替条項」の盛り込み求める発言が
重しとなって上値は重いか。

米財務省による半期為替報告書の提出期限(米国時間15日)もあり
もし、中国が為替操作国と認定された場合、米中貿易戦争に加え米中通貨安戦争
への懸念もあり、東京タイムで仮に上値を伸ばせば市場替わりで戻り売りを狙う
のがよさそうだ。

ユーロドルは一旦週末で調整が入った様相だがドル売り地合いが続けば再び上昇気配
しかし、それに反してイタリア債務懸念・財政不安が頭ももたげ結局は市場替わり、
日替わりのレンジ推移と見ています。

今週は17日にFOMC議事録公表、改めて米金利上昇が意識される展開か。


本日の指標・イベント

・時間未定:米)バンク・オブ・アメリカ決算発表
・21時30分:米)小売売上高&【除自動車】
・21時30分:米)NY連銀製造業景気指数

羊飼いのFXブログより)

 

スポンサード・リンク