11/2日の高値・安値
ドル円は高値113.32円前後-安値112.56円前後。
ユーロドルは高値1.1456ドル前後-安値1.1372ドル前後。

サマリー
ドル円は3営業日ぶりに反発、ユーロドルは反落。

先週末は注目の10月米雇用統計で非農業部門雇用者数が25万人増と予想の19万人増を上回り、
平均時給が9年半ぶりの伸びを記録するとドル買いが強まり、一時113.32円の高値を付けた。

ユーロドルは欧州タイムに一時1.1456ドルと日通し高値を付けたものの、強い米雇用統計を
手掛かりに全般ドル買いが優勢となり、一時1.1372ドルまで値を下げた。

「ECBが新たな貸出条件付き長期資金供給オペ(TLTRO)を検討している」
との観測報道をきっかけにユーロ売りが出た面もあった。

本日のポイント
本日は五十日の東京タイムは米雇用統計後のドル高の流れを受けドル円の上値期待がかかる。
ただ欧米タイムは6日に米中間選挙の投開票を控え、8日にFOMC金融政策発表を控えるため
様々な思惑から早めのポジション調整なども入り、もみ合いそこまでの値動きにはならずと
見ていますがどうでしょうか。


本日の指標・イベント

・08時50分:日)BOJ議事要旨公表(9月18日・19日開催分)
・10時00分:日)黒田日銀総裁の発言
・10時45分:中)財新サービス業PMI
・18時30分:英)サービス業PMI
・22時25分:加)ポロズBOC総裁の発言
・24時00分:米)ISM非製造業景況指数
・27時00分:米)3年債入札

羊飼いのFXブログより)

 

スポンサード・リンク