12/7日の高値・安値
ドル円は高値112.93円前後-安値112.56円前後。
ユーロドルは高値1.1424ドル前後-安値1.1360ドル前後。

サマリー
ドル円は横ばい、ユーロドルは小幅続伸。

ドル円は11月米雇用統計を控えてしばらくは112円台後半での小動きが続いていた。
11月米雇用統計では、非農業部門雇用者数は予想を下回ったほか、
平均時給が前月比で予想を下回った。 指標発表直後は112.62円付近まで売られたものの、
買い戻しが入ると112.91円付近まで持ち直した。
NYダウが失速し660ドル超下落すると一時112.56円と日通し安値を付けた。  

ユーロドルは予想を下回る米雇用統計を受けてユーロ買いドル売りがじわりと強まった。
米金利低下や米株安に伴うユーロ買いドル売りも入り、一時1.1423ドルまで値を上げた。

本日のポイント
今週はファーウェイ幹部拘束を受け米中貿易戦争が再燃する可能性、
来週18-19日のFOMCに向けて米利上げ打ち止め観測、ハト派のブラード米セントルイス連銀総裁が
「FRBは12月利上げを1月に先送りする可能性がある」などと述べている警戒感。

また欧州発では11日にコンテ伊首相がユンケル欧州委員長と会談し、12日には2019年修正予算案が
欧州委員会に送付される予定、また11日には、英議会でEU離脱合意案の採決も焦点となり、
欧州での重要イベントへのリスク回避の警戒感がくすぶっている。

本日はそうした警戒感がくすぶる中でのポジション調整に終始すると見ています。
よってそこまでの値動きは想定していないがいかに。


本日の指標・イベント

・08時50分:日)第3四半期GDP【二次速報】
・18時30分:英)GDP
・18時30分:英)貿易収支
・18時30分:英)鉱工業生産/製造業生産高
・22時30分:加)住宅建設許可

※本日は、注目度の高い米国の経済指標の発表はない

羊飼いのFXブログより)

 

スポンサード・リンク