4/12日の高値・安値
ドル円は高値112.09円前後-安値111.59円前後。
ユーロドルは高値1.1324ドル前後-安値1.1251ドル前後。

サマリー
ドル円は続伸、ユーロドルは反発。

ドル円は3月中国貿易統計で輸出額の伸びが予想を大きく上回り同国の景気減速への懸念が緩和。
米金融機関の好決算も手掛かりにNYダウが290ドル超上昇するとドル買いが広がった。
米10年債利回りが2.5651%前後まで上昇し一時112.09円と3月5日以来の高値を付けた。
4月ミシガン大消費者信頼感指数が予想を下回ったことで一時111.86円付近まで売られる場面もあった
が下押しは限定的だった。

ユーロドルは欧州タイムに発表された2月ユーロ圏鉱工業生産が予想を上回ったことで
ユーロ買いが先行。 良好な中国貿易統計を受けて世界的な景気減速への警戒感が後退したことも
ユーロ買いドル売りを誘い22時過ぎに一時1.1324ドルと3月26日以来の高値を付けた。  
ただ、「EUの執行機関である欧州委員会は米輸入品に対して報復関税リストを作成」との
一部報道が伝わると伸び悩んだ。 欧米貿易摩擦への懸念からユーロ売りドル買いがじわりと強まり
5時過ぎに1.1293ドル付近まで 下押しする場面があった。

本日のポイント
先週末は米株上昇、米債利回り上昇でドル円は112円台をつけ 本日、五十日の東京タイムは
株価も堅調で上値を試すかもですが、取り巻く状況は決して良好ではない。

今週は15日・16日に日米貿易協議が開催され為替条項が盛り込まれる可能性があり 。
米中貿易問題に加え欧米貿易問題も浮上し世界経済の減速懸念が高まる恐れ。
また、今週末は世界的にイースター休暇入りでポジション調整も入りやすい。

ユーロドルは欧米貿易摩擦懸念やブレグジットネタなど懸念が後退すれば買われ
そうでなければ売られる。日替わり的な値動きや市場変わりの値動きが活発化しそう。


本日の指標・イベント

・20時頃:米)ゴールドマン・サックス・グループ第1四半期決算
・21時頃:米)シティグループ第1四半期決算
・21時30分:米)NY連銀製造業景気指数
・21時30分:米)エバンス:シカゴ連銀総裁の発言
・26時00分:米)エバンス:シカゴ連銀総裁の発言

羊飼いのFXブログより)

 

スポンサード・リンク