6/21日の高値・安値
ドル円は高値107.74円前後-安値107.05円前後。
ユーロドルは高値1.1378ドル前後-安値1.1283ドル前後。

サマリー
ドル円はほぼ横ばい、ユーロドルは3日続伸。

ドル円は6月米製造業・サービス部門PMI速報値が予想を下回ったことでドル売りが先行したが、
5月米中古住宅販売件数が予想を上回ったことが分かると買い戻しが優勢となり一時107.74円と
日通し高値を付けた。ダウ平均が一時150ドル超上昇し昨年10月3日に付けた史上最高値26951.81ドル
に迫ったことも相場の支援材料。
ただ、米早期利下げ観測を手掛かりにドルの戻りを売りたい向きは多く上値は限られた。
米商務省が中国企業に対する新たな禁輸措置を導入したと伝わると米国株相場が失速。
ダウ・ナスダックともにマイナス圏に沈んだことが相場の重しとなり、
一時107.30円付近まで下落した。

ユーロドルは欧州タイムに発表されたユーロ圏の製造業・サービス部門PMI速報値が良好な内容
となったことから、全般ユーロ買いが先行。
ユーロポンドなどユーロクロスの上昇につれた買いも入り一時1.1378ドルと3月22日以来約3カ月ぶり
の高値を付けた。米国の早期利下げ観測を手掛かりにユーロ買いドル売りが入りやすい面もあった。

今週はG20での米中首脳会談を控え、明日から米中閣僚級通商会議が開催される。
再び米中貿易戦争ネタの再燃の注意。



本日の指標・イベント

・08時30分:豪)ロウRBA総裁の発言
・17時00分:独)IFO景況指数

※本日は、注目度の高い米国の経済指標の発表はない

羊飼いのFXブログより)

 

スポンサード・リンク