7/24日の高値・安値
ドル円は高値108.28円前後-安値107.93円前後。
ユーロドルは高値1.1156ドル前後-安値1.1127ドル前後。

サマリー
ドル円は4営業日ぶりに小反落、ユーロドルは4日続落。

ドル円は108.00円を挟んだ狭いレンジ取引が続いたが7月米製造業PMI速報値が予想を下回り、
約10年ぶりの低水準を付けると米長期金利が低下幅を拡大。ドル円にも売りが出て一時107.94円
と日通し安値を付けた。ただ、前日の安値107.83円がサポートとして意識されるとショートカバー
が入り108.25円付近 まで下げ渋った。  

ユーロドルは欧州タイムに発表された仏・独・ユーロ圏の7月製造業PMI速報値が予想を下回った
ことから、域内景気の減速が懸念されてユーロ売りが出やすい状況だった。
ただ、NY市場では低調な米経済指標を手掛かりにユーロ買いドル売りが入ったため一時1.1156ドル
と欧州タイムに付けた日通し高値に面合わせする場面があった。
もっとも、明日のECB理事会を前に利下げ観測も高まっており戻りは限られている。

本日はECB理事会待ち、ドラギ総裁会見後の値動きを追う。


本日の指標・イベント

・12時05分:豪)ロウRBA総裁の発言
・17時00分:独)IFO景況指数
・20時00分:ト)TCMB政策金利&声明発表
・20時45分:欧)ECB政策金利&声明発表
・21時30分:欧)ドラギECB総裁の記者会見
・21時30分:米)新規失業保険申請件数
・21時30分:米)耐久財受注&【除輸送用機器】
・26時00分:米)7年債入札

羊飼いのFXブログより)



スポンサード・リンク