8/19日の高値・安値
ドル円は高値106.70円前後-安値106.24円前後。
ユーロドルは高値1.1114ドル前後-安値1.1076ドル前後。

サマリー
ドル円は3日続伸、ユーロドルは5日続落。

ドル円は中国やドイツの景気刺激策への期待からアジアや欧州の株式相場が上昇。
リスク回避姿勢が後退したことで円売りドル買いが出た。
時間外の米10年債利回りが一時1.6233%前後まで上昇したことも相場の支援材料となり
20時30分過ぎに一時106.70円と日通し高値を付けた。
24時前には106.46円付近まで下押しする場面もあったが米金利上昇や米国株高に伴う
円売りドル買いは根強く下値は限定的、5時前には106.67円付近まで強含んでいる。

 ユーロドルは20時前に一時1.1114ドルと日通し高値を付けたものの上値は重かった。
米長期金利の上昇に伴うユーロ売りドル買いが優勢となり5時前には一時1.1076ドルと
日通し安値を付けた。

本日は五十日の東京タイム、米株高を受けて日本株も堅調が予想されドル円も上値を
試す展開か、ただ13日高値や107円台は厳しいかと。
欧米タイムは明日以降のイベントを控え引き続き小動きか。


本日の指標・イベント

・10時30分:豪)RBA議事録公表(8月6日開催分)

※本日は、注目度の高い米国の経済指標の発表はない

・翌7時00分:米)クオールズFRB副議長の発言

羊飼いのFXブログより)
 

スポンサード・リンク