8/20日の高値・安値
ドル円は高値106.69円前後-安値106.16円前後。
ユーロドルは高値1.1107ドル前後-安値1.1066ドル前後。

サマリー
ドル円は4日ぶりに反落、ユーロドルは6日ぶりに反発。

ドル円は米10年債利回りが一時1.5386%前後まで低下したことなどを理由に円買いドル売り
が先行し22時過ぎに一時106.16円と日通し安値を付けた。
16日の安値106.03円や節目の106.00円がサポートとして働くと買い戻しがやや優勢となり
106.46円付近まで下げ渋る場面もあったが米金利低下に伴うドル売りは根強く戻りは鈍かった。

ユーロドルはコンテ伊首相の上院での演説を控える中、伊政局混乱への懸念を背景に
ユーロ売りドル買いが先行。22時30分過ぎに一時1.1066ドルと16日の安値に面合わせした。
ただ、コンテ伊首相が辞任を表明するとショートカバーが優勢に。
米長期金利の低下などを手掛かりに全般ドル売りが進んだ影響も受けて、
3時前に一時1.1107ドルと日通し高値を付けた。
市場では「コンテ首相は辞任を表明したが、新たな連立政権が樹立され早期解散総選挙は
回避できるとの見方が出ている」との指摘があった。

昨日はイベントを控えて調整が入ったというところか。
本日は明日未明のFOMC議事録公表までは日替わり的なもみ合いとなりそう。


本日の指標・イベント

・21時30分:加)消費者物価指数
・23時00分:米)中古住宅販売件数
・23時30分:米)週間原油在庫
・27時00分:米)FOMC議事録公表(7月30日・31日開催分)

羊飼いのFXブログより)

 

スポンサード・リンク