9/17日の高値・安値
ドル円は高値108.37円前後-安値108.02円前後。
ユーロドルは高値1.1074ドル前後-安値1.0990ドル前後。

サマリー
ドル円は横ばい、ユーロドルは反発。

ドル円は17-18日のFOMCや18-19日の日銀金融政策決定会合の結果を見極めたいとして、
積極的な売買は手控えられ大きな方向感は出なかった。
8月米鉱工業生産指数や9月NAHB住宅市場指数は予想を上回ったものの相場の反応は限られた。

ユーロドルは9月独ZEW景況感指数が改善し予想を上回ったことが分かるとユーロ買いドル売りが
優勢となった。
米10年債利回りが1.79%台まで低下したこともドル売りを促し、 一時1.1075ドルまで値を上げた。

昨日はユーロドルが前日のドル買いの巻き戻しで日替わり的な値動きとなった。
所謂、ポジション調整も入った模様。
イベントを控えて今日も膠着が続きそうだが、明日未明のFOMCでは上下動は必至。


本日の指標・イベント

・17時30分:英)消費者物価指数&【コア】
・17時30分:英)小売物価指数&【コア】
・17時30分:英)生産者物価指数&【コア】
・21時30分:加)消費者物価指数
・21時30分:米)住宅着工件数/建設許可件数
・23時30分:米)週間原油在庫
・27時00分:米)FOMC政策金利&声明発表
・27時00分:米)FRB経済・金利見通し発表
・27時30分:米)パウエルFRB議長の記者会見

羊飼いのFXブログより)

 

スポンサード・リンク