Yaman FX blog

FX専業トレーダーのブログ 

コラム

米財政協議が先送りされ、ようやく市場は落ち着くのかと思いきや 違う風景が見えてきました。 遅れて発表された米国9月の失業率は7.2%へ低下したものの、 非農業部門雇用者数が前月比+14.8万人に留まったことで、 FRBのテーパリングが来年3月以降まで先送りされるとの観

米財政協議のチキンレースは来年2月までの期限付きながら債務上限引き上げと 暫定予算案が上・下院で可決された。 ずっと膠着状態であった市場は、いっきにドル全面安という形で反応した。 その背景にはもともと、一番の関心事であったテーパリング開始時期が年内は困難と

この一週間ずっとヘッドラインニュースにかじりついて米財政協議の行方を 今か今かと待ち続けて、しかし、いまだ合意に至らず。 ところが解決への期待感も根強く、債務上限引き上げの期限10月17日は超えないと楽観的 株高で、円相場は円安の動きが続いている。 オバマ大統

今現在は米財政問題の不透明感で さまざまなメディアでデフォルト懸念などの記事が出ているので そちらは、専門家の方々に任せて 本日は少々、オカルト的な切り口のお話。 まず、ユーロドルなんですが9/6の安値が1.3105付近 そして10/3の高値が1.3646付近。 約1ヶ月足ら

ドルが軟調な理由は、米財政協議が難航しているからです。上下院でねじれ議会であるため 野党が医療改革制度(オバマケア)を廃案に追い込もうとする思惑があるようです。 下手すれば政府機関の閉鎖に追い込まれる可能性があるとのこと、もしそうなれば 10月4日の米雇用統計

↑このページのトップヘ