Yaman FX blog

FX専業トレーダーのブログ 

日々の投稿

先週は、消費増税延期、衆院解散総選挙の可能性が高まり ドル円は底堅く、強含んだ。 ドル高基調ではあったがユーロドルはレンジで上下動を繰り返し 1.23後半で下げ止まり週末にはドル高に対する利益確定売りで 1.25ドル台を回復。 今週は、まず国内では本日の7-9月期国

先週は、RBA、ECB、BOEと会合を開いた中央銀行はすべてハト派的なメッセージを出した。 タカ派に移行しつつあるFRBとの方向性の違いは鮮明だ。 日銀は10月末に、サプライズの追加緩和を決めたし、中長期的にドル高基調は続きそう。 注目していた10月米雇用統計で非農業部

先週は、またも大インパクトを与えて追加金融緩和を行った黒田日銀総裁。 消費税増税のための援護射撃とばかりに、サプライズ演出で ドル円は109円前半から一気に7年ぶりの高値となる112.48円まで上昇。 今週は黒田バズーカ第二弾の余韻のなか、ECB理事会や、共和党が優勢

先週はFOMCを控えて小動きながら、ドルがやや買い戻されたが 米国でのエボラ出血熱感染、カナダの議事堂で発生した銃乱射テロなど リスク回避の動きや、ECBのストレステストの結果が、 25行が資本不足と判断されると報道されたが市場は「織り込み済み」らしく 大きな動きに

先週は世界的な景気減速への懸念で世界同時株安。 全般ドル売りで、リスク回避の円買いも強まった。 週末にはドル売りも一服したが・・・ 今週は引き続き株式市場の動向に注目が集まる。 量的緩和第3弾(QE3)の終了観測、エボラ出血熱感染拡大の懸念などで 「ブラック・

↑このページのトップヘ