Yaman FX blog

FX専業トレーダーのブログ 

日々の投稿

今週は新たな年度の始まり、新たな月の初め、 そして市場は乱高下必至の重要イベントが目白押しです。 今週の注目スケジュール 3月31日(月):仏GDP、米イエレンFRB議長講演など 4月 1日(火):日銀短観、豪RBA政策金利発表、中製造業PMI、米ISM製造業景気指数など 4

FOMCを経てイエレン議長の発言をきっかけに来春の利上げ観測が浮上 しかし、一部では時期尚早との見方もあり、実際のところはわかりません。 そのためドル高にふれても長続きせず米10年債利回りは低下、 ドル上昇にたいして、利益を確定する売りもあったようです。 今週

ウクライナ情勢は住民投票を経て、クリミア,ロシア編入はほぼ確実。 欧米はロシアに対し追加制裁発動へ。 今週もウクライナ情勢次第でまったく予測不能ですが 円高、スイス高は容易に予測できるが、この事態を一体どこまで織り込んでいるのか? また、問題はユーロ。絶好

7日発表の米雇用統計は市場予想を上回り強い結果となりました。 もし弱かったらユーロドルは一気に1.40超もあり得たんですがそれはお預け。 6日のECB理事会では異常に強気なドラギ総裁発言を受け、 ユーロ買の仕掛けが入り米雇用統計発表前には一時1.3915台まで上昇。 そ
『3/10(月)今週の相場展望!!』の画像

先週発表された2月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)速報値は前年比0.8%上昇。 事前予想の0.7%を上回りデフレ懸念が後退、 これで6日(木)のECB理事会での追加緩和観測も後退との見方でユーロ急騰。 ユーロドルは1.38台回復。 ポンドも堅調で2月の住宅価格が前年比で9.4%上

↑このページのトップヘ